Skip to content

陛下、3月いっぱいは静養が基本」 皇室医

December 2, 2012

狭心症の治療のため冠動脈バイパス手術を受けて東京大病院(東京・本郷)に入院していた天皇陛下は4日午後2時40分、退院された. 医師団の見通し通り、手術からほぼ2週間での退院となったが、宮内庁は「経過は順調と単純には言えない」として、今月いっぱいは静養が必要であり、公務復帰のめどは4月になるとの見通しを示した. 退院後に記者会見した宮内庁の金沢一郎・皇室医務主管によると、天皇陛下は手術後、37度台の発熱や炎症反応、肝機能障害など想定された症状が出たが、ほぼ治まり、医師団が危惧していた不整脈は出なかったという. 一方で、血中のたんぱく質濃度の低下や、胸水がたまる、食欲不振などの症状は続いているといい、「経過は順調と単純には言えないが、想定内であり、すべて改善の方向にある」との見解を示した. 北朝鮮、米本土への攻撃能力強調 「安全、 胸水が消えるまでに数週間程度が必要と見込まれることや、リハビリで階段の上り下りをした際に息があがることなどから、金沢氏は「少なくとも3月いっぱいは御所でのご静養を基本としていただくことが適切」と説明. 皇太子さまによる国事行為臨時代行もその間、続く見通しとなる. 例外として、陛下が出席を強く望んでいる東日本大震災1年の追悼式(11日)は、回復の度合いを見て9日ごろに判断するという. 夏の安全性のヒント

Advertisements

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: